出産後の不安を和らげるために産後うつを知る

産後うつ病を防ぐためには│子育てに関するストレスが原因

産後うつ病の症状

悩む女性

産後うつ病は他のうつ病と同じような症状が起きてしまいます。育児や家事で起きたミスをずっと引きずってしまい自分を責めたり、血行障害を併発してしまい身体が痛くなったりするのです。

More Detail

周りに手伝ってもらう

カウンセリング

産後うつ病は家事や子育ての疲労やストレスが蓄積してしまうことで、発症してしまううつ病の一種です。発症しないようにするためには、旦那さんや親、ベビーシッターなどの手を借りて負担を軽減するようにしましょう。

More Detail

母親が発症するうつ病

女性

うつ病には様々な種類がありますが、その中には子供を産んだ人が発症してしまう産後うつ病といううつ病があるのです。産後うつ病は子供を産んでから2週間後から3ヶ月の間に発症してしまい、育児によって溜まったストレスが原因で発症してしまうでしょう。初めての子育てに対する不安や今後問題なく成長してくれるのかという悩みを抱えてしまうことがストレスになってしまい、それがどんどん悪化していくことによって産後うつ病になります。それだけではなく、赤ちゃんの泣き声や夜泣きのせいで、イライラしてしまい眠ることができなくなってしまうなどの大きく関係しているのです。産後うつ病は子育ての時間が長くなることによって、更に症状が悪化していきますのですぐに治療することはできません。また、この病気を放置してしまうと子育てを放棄したり、幼児虐待に発展したりするので危険です。このようなことにならないようにするには、子育てに対する知識を身につけてどんなことが起きても対応することができるようにしましょう。そうすれば、子育てもスムーズに行なうことができますし万が一のアクシデントが起きても、慌てずに落ち着いて対応できますから育児によるストレスを軽減することができるため、溜め込んでしまうこともありません。また、夜泣きが酷い場合には父親にも協力してもらい、2人で赤ちゃんを寝かしつけるようにしましょう。そうすれば、母親だけが寝かしつけることもないので負担は軽くなって、睡眠時間を確保することができるはずです。このような対応することによって、育児に対する不安を取り除くことができますから産後うつ病を防ぐことができるでしょう。育児に関する知識だけでなく、産後うつ病に関する情報も調べておいてください。うつ病は自覚症状がない病気ですから、自覚した時には重度のうつ病に発展している恐れがあります。事前にこの病気について調べておけば、自分がうつ病になっているのか知ることができるでしょう。うつ病は早期発見することができれば、その分早めに治療することができます。産後うつ病に関する情報は、ネットで簡単に検索することができますのでそれを参考にしてみてください。このうつ病の特徴や症状、発症してしまう詳しい原因などが掲載されているのです。子供を産んでからでは、産後うつ病に関する情報を集めるのは大変ですからその前にチェックしておきましょう。もしも子育て中に、うつ病に関するサイトを調べてしまうと余計にプレッシャーを感じてしまうため、できるだけ事前に調べるか父親に代わりに調べてもらうようにしてください。産後うつ病を発症してしまうと子育てだけでなく家事にも影響しますし、赤ちゃんにも影響が出てしまいストレスを与えてしまうでしょう。そうなってしまうと赤ちゃんも病気になってしまう恐れがあります。

回復させるためには

女の人

産後うつ病を発症しているのではないかと考えている人は、すぐに家族の人と一緒に精神科医で検査を受けるようにしてください。そして、症状が再発しないように注意して確実に治療することができるようにしましょう。

More Detail

Copyright © 2016 産後うつ病を防ぐためには│子育てに関するストレスが原因 All Rights Reserved.