女性

産後うつ病を防ぐためには│子育てに関するストレスが原因

産後うつ病の症状

悩む女性

産後うつ病の症状には、他のうつ病と同じように抑うつ状態になることが多いです。子育てに対する不安がどんどん溜まっていき、自分の育て方は正しいのか思い詰めてしまうでしょう。それだけではなく、育児や家事のちょっとしたミスを気にしてしまいそれで自分を激しく責めてしまいます。また、ミスをしないようにと考えてしまい、焦って子育てに集中することができなくなったり、ミスを繰り返してしまうという悪循環になったりするのです。他にも食事をしても美味しいと感じることがなくなってしまい、好きな食べものを食べても嬉しいと感じなくなってしまいます。このような状態になってしまうと、食事そのものに興味を失くしてしまい食事を摂らなくなってしまうでしょう。産後うつ病になってしまい食事を摂らなくなってしまうと、栄養が足りなくなってしまい体調を崩してしまうのです。また、産後うつ病を発症してしまうと逆に食事の量がどんどん増えていく過食症を併発してしまう恐れがあります。過食症になると急激に体重が増えてしまい、下半身に負担をかけてしまうだけでなく消化器系にも負担をかけることになるでしょう。消化器系の負担が激しくなると内蔵系の疾患になる恐れがあります。

産後うつ病では、考え方が極端になってしまい自分のことを無価値だと思い込んでしまい、生きる希望を失くしてしまうでしょう。家族や友人が説得してもその意見を聞き入れることができなくなるだけでなく、周りに気を使わせていると考えるようになってしまって、それを苦痛に感じてしまい更に自分を追い詰めてしまうのです。産後うつ病は典型的なうつ病と同じような症状があって、精神的な症状だけでなく身体にも様々な症状が出てしまいます。その1つに睡眠障害というものがあって、これは眠ることができなくなってしまう症状のことです。赤ちゃんの頃は夜泣きが酷くて何度も起きてしまうので、このような症状が起きてしまいます。それによって、いつ夜泣きが起きてしまうのか不安になって眠ることができなくなってしまったり、ちょっとした物音で目を覚ましてしまいそれで眠ることができないなどの睡眠障害が起きてしまうのです。逆に十分な睡眠を取ったはずなのに疲れが取れずに、日中に激しい睡魔に襲われてしまうことがあります。また、身体の至る所が痛くなって痺れが起きるようになってしまうのです。うつ病を発症してしまうと、それによって血行障害を引き起こしてしまうため血液の流れが悪くなってしまい、身体全体に酸素が届かなくなって老廃物が溜まって至る所が痛くなります。頭の場合は締め付けられたような痛みが発生して、酷い場合には一日中痛み続けてしまい子育てや家事に支障が出てしまうのです。他にも肩や首、背中や腰などの部位を痛めてしまうので家事に影響が出てしまいそれがまたストレスを溜めてしまう原因になってしまうでしょう。

Copyright © 2016 産後うつ病を防ぐためには│子育てに関するストレスが原因 All Rights Reserved.