女性

産後うつ病を防ぐためには│子育てに関するストレスが原因

周りに手伝ってもらう

カウンセリング

子供を産んでから子育てや家事のストレスが原因で、産後うつ病を発症してしまう人が多いです。産後うつ病を改善するためにはいくつか注意しないといけないことがあります。その1つは育児本通りの育て方を行なおうとしてはいけないということです。真面目な性格をしている人ほどマニュアル通りにしようとするため、育児本に掲載されている育て方を実践することができないと、自分を責めてしまいストレスが溜まってしまいうでしょう。育児本に掲載されている育て方が全ての子供に当てはまるということではありませんので、育児本を参考にして自分の子供にあった子育てをしてください。産後うつ病だけでなくうつ病は真面目な性格をしている人は、発症しやすいというデータがありますから注意しましょう。次に注意することは子育てや家事を全て一人で行なおうとしてはいけません。子供が生まれることによって家事だけでなく子育てをしないといけませんので、仕事量は今までよりも倍増するはずです。それを全て一人で行なうことは難しく、自分がちゃんとしないといけないと考えてしまうと、焦るようになってしまい家事や子育てに集中できなくなってしまうでしょう。そういう時は自分の親に協力してもらい、子育てを手伝ってもらうようにしてください。親は自分を育ててきた経験がありますから、子育てに関してはプロですので安心して任せることができます。子育てをお願いすれば、家事に集中することができますのでその後に子育てをすれば負担は軽くなるので、精神的にも体力的にも余裕ができるでしょう。親が近くに住んでいない場合は、ベビーシッターや産後ヘルパーなどに依頼して、子供の面倒を見てもらうという方法があります。依頼するには料金が発生しますが、家事と子育てに慣れるまでの期間だけですし産後うつ病を患ってしまうことのほうが問題ですので、決して無理せずに他の人に手伝ってもらうようにすれば産後うつ病を予防することができます。

産後うつ病を発症しないようにするためには、旦那さんができるだけ奥さんのサポートをしないといけないのです。毎日仕事をして家族のことを支えていて大変ですが、子育てと家事をしている奥さんも大変ですから少しでもいいので手伝ってあげましょう。産後うつ病を発症しやすい人は真面目な性格をしているため、旦那さんは奥さんに頑張ってなどの励ますような発言は控えるようにしてください。励ますことによって、家事と育児をちゃんとこなすことができないと思い込んでしまいます。そして、こなすことができないことに罪悪感を抱いてしまい不安になってしまうのです。ですから、頑張ってと励まさないで、無理しないようにといって気持ちを楽にさせてあげましょう。次に旦那さんが気をつけることは、奥さんの話をちゃんと聞いてあげるようにすることです。一日中子育てと家事を一人でこなしているため、悩みや不安を抱えるようになってしまいます。その時に相談することができる相手は、旦那さんですので相談を話半分で聞いてしまうとストレスがどんどん溜まってしまい、悪化してしまうことで産後うつ病を患ってしまいます。家事や子育ての相談や愚痴をいうことによって、悩みを解決したりストレスを発散したりすることができるため、旦那さんは奥さんのためにもちゃんと話を聞くようにしましょう。他にもいくつか注意するポイントがいくつかあって、それは旦那さんが何でも率先して行なわないようにすることです。旦那さんが家事を手伝ってくれることで奥さんの負担は軽くなりますが、旦那さんは子育ての経験が少ないため逆に奥さんの仕事を増やしてしまうことになります。また、何でも手伝おうとすると今度は奥さんの仕事が減ってしまい、それを思い詰めてしまい自分は無価値だと思い込んでしまいます。産後うつ病もうつ病と同じですから、自分の存在意義に自信を失くしてしまい生きる希望を持てなくなってしまうので注意してください。ですから、何でも子育てをするのではなく、奥さんの手が回らない所を手伝うようにすれば問題はありません。子供が増えて家族を支えるために旦那さんは頑張っていますが、奥さんも慣れない子育てで頑張っていますので全てを押し付けずにサポートするようにしましょう。

Copyright © 2016 産後うつ病を防ぐためには│子育てに関するストレスが原因 All Rights Reserved.